.Nat Zone @ tumblr
東西ドイツが統一したときに、東から西に大量に人が移っているんですよね。旧東ドイツの都市部が空き家率、30%、40%、50%になりました。これはもうどうしようもないので、さっき言ったような線引きをして、この線のなかに住んでくださいということやったんですね。30年前にこの取り組みを実現させた地域は、いますごくよくなっています。反対にできなかった地域は、だらだらと衰退してしまっているというのが実情です。

★オランダが外国人参政権で壊滅的打撃

★オランダの憂鬱

オランダで外国人に地方参政権どころか被選挙権も与えた結果
オランダ内にもう一つ国ができた状態になってしまった
オランダにその時に居たイスラム系住民は約100万人
オランダ人がイスラム系のコミュニティに足を踏み入れると敵意を剥き出しにしてくる
イスラム系の人は決してオランダ人と融和する事が無くどんどん国の中で敵対関係だけが増していった
そして今、オランダは外国人の参政の権利を減らす方向に舵を切ってる最中
地域に溶け込んで貰おうとした参政権のハズが全く逆の結果となってしまった
しかし既にイララム系の政治家も居て時は既に遅く手が付けらない状態になっている
そして外国人の参政権を推し進めた連中がオランダから無責任にも逃亡中
この手のお花畑思考の人達は決して自分たちの行為の責任は取らない
引用 http://musume80.exblog.jp/1326745

この例からわかるように参政権ってのは日本で外国人と仲良くという結果になるとは限らない
権利を与えるのは逆に国の中に火種を抱える要素にもなりえるのだ
EU圏のように貨幣統合までされて価値観が非常に似通った国家なら成功するかも知れない
しかし反日教育してる国家が国の内部に多数居るなら結果はわかりきっている

恐ろしいことに被選挙権は在日は既に手に入れている
参政権を付与すれば後は日本人に帰化した元在日議員を祭り上げれば良いだけなのだ
更に既にコリアンタウンとチャイナタウンも存在している
地方参政権がどれだけ危険かは想像に難くないだろう

マスコミに言いたいこと。
・研究内容をメインに出せ
・内容分からないなら専門家に聞け
・博士はちゃんと「博士」と呼べ
・人柄は後回しにしろ
・文集/ポエム等を晒すな
今は、天才的な才能を持っていたら絶対に見つかり売れる時代です。そんな中で、天才でもなく中途半端な僕らは、「いかに売りだすのか?」、「いかに売り込むのか?」というのを考え続けなければいけない残酷な時代なんです。
メインコンテンツを無料にするといえば宗教がまさにそれで神社は 入場料を取らない。賽銭は客の自由意志であり金額まで客が決められる、おみくじは軽いギャンブルであり気軽にできる。絵馬や土鈴は土産物、御札は霊的商品、ご祈祷はライブでありちゃんと価格が設定されている

NHKで沖縄ブームの立役者となった「ちゅらさん」というドラマがあったが、その中で沖縄と東京を対比して描くエピソードがあった。沖縄から出てきたヒロインの友人が、東京は冷たいところだ、嫌なところだ、沖縄に帰りたいと愚痴る。それに対して東京人の菅野美穂のキャラが激怒していう

「私は、東京生まれの東京育ちなの。私も思うよ。東京って嫌なところがあるって。でもね。東京を嫌な街にしたのは、あんたのような人達よ。東京に暮らしていながら東京を好きになろうとしない。愛そうとしない。どうせいつかは出ていくんだ。それまで我慢してるだけだ。そんな人達ばかりの街が、いい街になるわけがない

…東京に対して失礼よ。そんなに沖縄がいいのなら帰ればいい。帰って東京の悪口言ってればいいでしょ。あそこは、人の住む町じゃないとか何とか言ってりゃいい。でも私は、そうは思わない。ここは人が暮らしてる町だよ」自分はこの脚本を書いた岡田氏は、健全な認識を持っていたと思う。田舎者よ。そういう自分は東京で何をした? 東京のためになにをした? 東京のせいなのか? すべて自分じゃないのか?

共同体を愛していない人間が共同体の一員になるのは不幸なことだ。共同体のためにもならないし、個人のためにもならない。東京だけに限らない。市町村だろうと都道府県だろうと。国だってそうだろう

SuperMTec

兵士より。
戦争の話をする奴は、おそらくあまり何も経験していない。何も話をしない奴はたぶん何かを見てきている。
4歳の時、なぜ自分には苗字がないのかと寂しそうに訪ねた。
長くオカマをやっていて分かったことがあるわ。「オカマに恋愛のアドバイスして欲しい。オカマの友達ほしい。」って言ってるオカマニスタの女たちには、可哀想なくらい同性の友達がいないわ。
私に興味を持たない男は全員ホモだと考えるようにしたら人生が信じられないぐらい楽しくなりました。(23歳 東京都 腐女子)
Twitter / wara_RT (via otahuku)