.Nat Zone @ tumblr
ワラをもすがる思いの患者と家族たちにマジもののワラを掴ませて溺死させるホメオパシーと食事療法はすごいと思う
教養を嘔吐し泣いた午前二時冷たき水の心地よさかな。
野生動物って基本、ダメージ受けてても元気なフリするんですよ。弱ってると狙われるから。ポジティブなポストで埋まったフェイスブックの記事見るたびにそれを思い出すんです
(via y-haruka)

とすると、弱さを見せられるのがShortNoteかな

(via kotoripiyopiyo)
日本より10年早く少子高齢化が進み、60年代から駆け足で「男女平等」と「共働き率80%」を実現させてきたフィンランドから、現実的な話ばかりで申し訳ない。しかし「海外」や「欧米」の良い話ばかりを聞いて、欠点を見ないままフィンランドと同じ轍を踏んで欲しくないという思いから、実情や実体験も交えて書き連ねた。
m.huffpost.com/jp/entry/5735106?utm_hp_ref=tw (via kotoripiyopiyo)
国の財政を家計と同じと言い出す意見には無視して構わない。
・家計には通貨発行権がない
・家計には金融政策はない
・家計には、徴税権を変更する機能はない
だからさぁ。政治家が率先してデマばら撒くのやめようよねー。
どの世界にお金を自分で作り出したりお金の希釈を行える家計あるのさ
Twitter (via toronei)
一九六六年のフォーチュン100に載っている企業のうち、二〇〇六年に何社が生き残っているか、みんなは知っているだろうか。実は、一〇〇社のうち六六社はもう存在すらしていない。

弱い奴は、いや、弱さに甘んじる奴は、おれは軽蔑する。

自分の正当な権利を主張しない者は、
他人の正当な権利が侵害されるとき、共犯の役割をはたす。

「哲学的名言集」哲学的な何か、あと科学とか

ラインハルト・フォン・ミューゼル

(via naonanigashi)

(via messanacaravan)

(via mmqqbb) (via kento0307) (via allgreendays) (via hkj)

(via andi-b) (via yellowblog)

(via desespoirdeigrek) (via gkojay) (via mcsgsym) (via reretlet) (via lovecake) (via sakimura)

(via atm09td) (via zaq1234)

(via golorih) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via eachbookonthedesk) (via usaginobike) (via lovecake)
「説明が上手い人」になるためには、「正しく知識・情報を伝える能力」と「感情としての納得感を喚起する能力」の両方が必要になる。前者だけに偏って後者を欠くのが日本における「理系男子」のステレオタイプ。後者のみに特化して前者を完全に捨てているのが「詐欺師」
(via netinago99)

赤毛は全世界的に最も珍しい色の髪であり、スコットランドアイルランドで比較的多く見られる。アメリカ合衆国では人口の2パーセントが赤毛である。赤毛の色は鮮やかなイチゴ色から、深い赤褐色やワイン色にまで及び、主に白人の間で見られる。

赤毛は遺伝子Mc1rの突然変異によって引き起こされる劣性遺伝であると考えられている。基本的に、赤毛は明るい瞳の色と、色白の肌と関連している。赤毛は最も多量のフェオメラニンと、最も少量のユーメラニンを含んでいる。天然の赤毛は最も太い毛髪と、最も少量の毛髪を持っており、その数は平均して9万本である。

赤毛の人を指す英語にginger、ginga(ジンジャー)という呼び方があるが、これは差別的な意味合いを含んだ悪い言葉である[10]。古くからイギリス人の間には、赤毛の人に対する根強い偏見があった。赤毛の者は皮膚のメラニン色素が少ないため、一般的な白人と比べて皮膚の色が薄く顔色が青白い傾向にある。体質的に紫外線に対して過敏なため光線過敏になりやすく、顔面のそばかすや体のシミができ易い。これらの要因が元となって昔からイギリスでは、「赤毛は体質的に虚弱になりやすく、遺伝的にハンデがある」といった事実から来る差別が根付いていた。イギリスほどではないが、イギリス文化の影響を受けたアメリカやカナダでは、「赤毛のアン」の赤毛の主人公の扱いに見られるように赤毛に対する偏見が残っていたようである。現在では、reddish(レディシュ「赤味かがった」)と呼ばれる。

(3)サービス事業者側に求められること

公認アプリを望まれる人気のサービス事業者ほど、不正な非公認アプリを第三者に作成、公開されやすいという報告※1 もあります。自社の不正な非公認アプリの作成、公開を防ぐだけでなく一般利用者を守る意味でも、スマートフォン向けの会員サイトを提供している、または提供予定のサービス事業者は、自社の公認アプリを用意することを推奨します。

2014年9月の呼びかけ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
API出しましょう、も求めてほしかった (via tkudo)